久留米かすりとの出会い

オカモトの事|2017/2/13

rie
40歳になる少し前くらいからでしょうか。
今まで着ていた服がなんだかしっくりこない、
違和感を感じる・・・と思うようになりました。
さらに40代に入り、老けて見られたくない、かと言って
若作りもしたくない、自分に似合う服は一体何だろう???と、
そんな悩みを抱えるようにもなりました。

そんな時に出会ったのが久留米かすりでした。
当時は、久留米かすりと言えば、もんぺやはんてん、
年輩の方が着る服と言うようなイメージ。
しかしながら、ショップに行けば、
私たち世代が着れるような、すてきな物がたくさん!
デザインはもちろん、その久留米かすりの柄や素材の良さ、
着心地の良さにすっかり魅了されてしまいました。

その後、縁あって久留米絣かすりのお仕事に就き、
さらに久留米かすりの素晴らしさを知ることになりました。
そして、その中で自分に似合う服、自分らしい肩ひじはらない服を、
見つけることができました。
今では日常の中で、どこかにひとつ必ず久留米かすりを身に着けています。
これからも、機屋さんたちの思い、デザイナーの思い、
お客さまの思いを大事にして行きたいなと思います。
それが、わたしの久留米かすりとの出会いです。

さて、もうすぐ3月。厳しい冬も終わり、暖かな春がやってきます。
全国の儀右ヱ門ショップでは、春の新作が続々と入荷中です。
今春のテキスタイルテーマ『浮世絵』を思わせるような絣柄や縞柄など
季節感あふれる商品をたくさん取り揃えております。
ぜひ、覗いてくださいね。
私も、この春は何を着ようかな…と、今からわくわくしています!!

里恵

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP