久留米絣と暮らす

オカモトの事|2017/5/8

5月に入り、気温もぐんぐん上がり、春から夏へと変化を感じる今日この頃。
綿の風合いが心地よい、久留米絣にはぴったりの季節だと思います。

さて、久留米絣というと、高価なお洋服を想像される方もいらっしゃるかもしれません。
昔の「もんぺ」のイメージで、古風な色・柄を思い出すかもしれませんね。
しかし私たちオカモト商店では、日々の暮らしの様々なシーンに寄り添うような、
久留米絣のものづくりを目指しています。

図1
普通のギンガムチェックに見えますがこれも久留米絣。
よく見ると、白くかすれた糸が織り込まれています。
伝統柄のひとつ「文人(ぶんじん)」の糸を織り込んで、
昔ながらの織機で丁寧に織り上げた生地です。
毎日持ち歩きたいポーチにぴったりの、かわいらしい柄に仕上がっていますが、
ここにもモダンな柄と伝統の技。両者の融合を感じます。

図2
食卓を彩る久留米絣のコースター。ワンコインで買えるお手軽感と、
色の組み合わせが楽しいバリエーションで、ギフトにも人気の一品です。

私も実は入社するまでは、こんなにたくさんの色・柄・アイテムが
久留米絣にあるとは思っていませんでした。
お客様とお話していても「今はこんなに変わったのね」と、
嬉しいお言葉を頂くこともしばしばです。
ライフスタイルの変化に合わせて、日々進化する伝統工芸。
そんな久留米絣のものづくりと、「絣のある暮らし」の提案を目指して勉強の日々です。

C.N

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP