久留米絣の命「くくり」の坂本さん

かすりの人|2015/5/19

F001
いつも坂本さんところに行くと会話が止まらないほど、
久留米絣の現状を把握できる場所です。
ユーモアのある喋りとたまにみせる真剣な職人の顔のアンバランスが、
なんかいい感じの坂本さん。いろんな機屋さんの特徴などは、
坂本さんからいろいろ教わった感じで私も成長させて頂きました。

F003
くくりの機械は、半コンピューターですが、
私はいつも手仕事がほとんどだなー。と思ってみています。
その都度その都度、仕事がきた時に働く頭の坂本さん、
そっちの方がよっぽどコンピューターだと思います。

F002
F004
こういう昔ながらの感と経験から、久留米絣の柄作りは生まれてくるのです。
今日はたまたま、博多祇園山笠の半被をくくろうと準備していました。
山笠の久留米絣の半被は、たてよこ絣で、くくり命の柄なので、
坂本さんの腕の見せ所なのですが、大変難しい作業なのです。
これからもいい絣を生み出す為に、頑張ってください。
控えめな奥様との二人三脚のコンビで絣は支えられてます。
これからも、よろしくお願いします。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP