動物と幾何学模様

かすりの物|2018/9/27

私は年甲斐もなく動物のキャラクター物が好きだ。
 
猫型ロボット
ダラダラしたクマ
ポイントサービスのイメージキャラクターのタヌキ
真っ白で赤いリボンをした猫
 
これらのキャラクターの特徴は
「シンプルで頭に残りやすい」「図形に表しやすい」「身につけたくなる」
ところにあると思う。
 
絣でもそういったかわいさを残しつつも
私の心をとらえて離さないシンプルな柄が存在する。
 
image5
image3
まずはこの象の柄。
丸っこい象と水玉がキュートさを醸し出しているけれど、
象と水玉が交互に規則的に並んでおり、シンプルでどの年齢層でも
取りやすい柄になっている。
 
 
image2
image1
そしてこの猫柄!!
「エルネコ」という柄はまさに
「L」の形を成した猫が規則的に並んで
遠くから見ると市松模様に見えるのが特徴。
猫柄でありながら強調しすぎず、身につけやすい。
 
何を隠そう、私は大の猫好き。
あからさまな猫の柄を身に着けるには少し抵抗があるけれど、
こういった幾何学模様に見える絵絣は自分にとっては身につけやすい。
 
かわいすぎるかな?と思っても身に着けやすいように工夫を凝らされていて、
織屋さん、企画スタッフのアイデアに脱帽。
これからまたどんなかわいい動物柄が産み出されていくのだろう。
楽しみで仕方がない。

AYA.N

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP