扇子

かすりの物|2017/4/10

IMG_0498のコピー
オカモト商店では、久留米絣の扇子をかなり以前より販売しております。
毎年、夏の必需品としてこの季節のヒット商品です!!

先日、扇子作成の長年のパートナーが扇子についてこう教えてくれました。
「扇子は千年の都・京都 で創作され豊かな風土と文化に育まれ、
また時代時代の人々の生活に密着しながら現代の扇子が生まれた」と。
今まで調べたことはなかったのですが、これを機に調べてみました。

扇子の歴史は、今から1200年前の平安時代初期。
当時は今と違って「あおぐ」という実用的な目的だけではなく、
和歌を書いたり、儀式の式次第等をメモする道具としても使われており、
貴族にとっての必需品だったそうです。

扇子は中国発祥と思っている人も多いようですが、日本で生まれ、
中国からヨーロッパに伝わり、フランスでは社交界で貴婦人方も使っていたそうです。
その後、江戸時代末期に日本に逆輸入されています。

この歴史ある扇子が風化せずに残っているということは、
まさにこの道具の完成度の高さにあるのでしょうか。
今も日本人になじみの深い道具になっています。

扇子は開くと末広がりの形状になることから、縁起のいいものとされています。
お祝いの品として扇子を贈り物にする風習は、室町時代に起こったもので、
現代もあらゆるお祝いごとにも用いられています。

儀右ヱ門では、今年も久留米絣の扇子をたくさんご用意いたしております。
200年の歴史の久留米絣、そして1200年の歴史の扇子。
長い歴史をそれぞれの時代に対応しながら生き続けてきた、
このコラボ扇子を是非皆さんも使ってみてください。
心地よい風が吹くと思います〜

麻香

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP