私の絣

オカモトの事|2017/12/11

私の記憶では絣との出会いは7〜8歳の頃、
祖父に連れられて、甘木、広川、筑後と織屋さんへ訪れた時です。
トンカラリ、トンカラリ、そしてとても大きな音で
ガチャ、ガチャ、ガチャガチャ頭の中に響きわたる機の音、
その音、今でもずーっと続いている活力のある音です。
60年前へタイムスリップ出来る、懐かしく心地好い音でもあります。

2013-08-21T10-47-30_5のコピー
となりの機屋さんへ行くと何とも言えない匂いがします。
藍がめにて木綿糸を藍染めしている藍の匂いです。
他では味わえない独特の匂いが辺り一面漂ってます。

そして天気の良い日に訪れた時はいつでも
あちこちの織屋さんで ゛いそがしかー ” 大きな声が響いています。

絣の素となる木綿糸がいろんな場所で約50m位
ピィーンと張られている天日干しである。
天の恵みを頂いています。気持ちの良い眺めです。

2013-08-21T10-47-30_10
しかし私の一番好きな絣は、天日干しでそよ風になびいてる絣です。
色彩豊かでカラフルな絣や、藍より出でて紺絣が揺れています。
何とも言えない爽やかな気持ちになります。
それは私の目には神神しく見えました。

これから100年先この光景は、どの様になるのでしょうか!
とても楽しみです。

やすお

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0
TOP