制約の中の美意識

かすりの物|2015/6/8

ブログの写真
服をつくるとき『制約』というものが常に付きまといます。
挙げるときりがありませんが、今回は2つお話しします。

1つ目は、お客様の年齢・体型にかかわること。
一概には言えませんが、若い世代で体型に悩みがなく、
トレンドが主体という服であれば自由に可愛く・かっこよくつくることは
ある程度は可能でしょう。
しかし、儀右ヱ門世代の場合はそうはいきません。
体型に悩みがあり、トレンドを追いすぎればなんだか年齢とは不釣り合いになり、
ともすれば下品にもなりかねません。それから着心地も大切です。
装うということには「自分をよりよく見せる」という意味もあります。
儀右ヱ門世代の服は体型の悩みを上手にカバーした上で程よくトレンドを取り入れ、
女性らしい可愛らしさや美しさが表現できるように意識し、
着心地よく仕立てなければなりません。

2つ目は、デザインと素材の相性問題。
儀右ヱ門は久留米絣のブランドですから、当然久留米絣を使って服をつくります。
絣は多くの工程とテクニックによって織り上げられる、贅沢で素敵な素材です。
ところが風合いや生地巾、綿織物などということから、
1つ目に挙げたことを形にするには、なかなか難しい素材だとつくづく思います。
一般のアパレルメーカーでは相性のよいデザインと素材で企画しますが、
儀右ヱ門は絣ありきでデザインを考えていきます。
では、相性がいまひとつの両者を相性よくするにはどうするか?
いつも悩まされることですが、どうすればより素敵に仕上がるかを意識しながら
様々なテクニックを使って両者を結び付けていきます。
(上手くいかないことも多々ありますが)。
そして最後は縫製工場さんのテクニックが加わり「素敵な子」に仕上がります。

『美意識』をもって、1つのアイテムをデザインしてパターンを引き、
絣と縫製工場さんの力を借りて『制約』に向き合っています。

儀右ヱ門  利枝子

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP