久留米本店

かすりの店|2021/5/12

こんにちは。
コロナ禍の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新緑が目立ち始め、少しずつ夏を感じるようになってきた今日この頃。
青空と新緑、そして久留米の河川の風景に、力強さを感じ、パワーをもらっています。

筑後川河川敷(改
筑後川河川敷(久留米市内、二千年橋の近く)

宝満川(改
宝満川(久留米市小森野にて)

久留米市を流れる筑後川は、全長143キロという長さを誇る一級河川であり、別名「筑紫次郎」と呼ばれています。
大分、熊本、福岡、佐賀の4県をまたいで流れており、河川流域には様々な景勝地や観光スポットがあります。
また、筑後川と久留米絣の発展はつながりがあるのです。
筑後川の恵みを受けた大地がある久留米は、木綿絣の産地として発展をとげてきました。
そのような背景を見慣れた風景に重ねてみると、感慨深いですね。

さて、今回は、新緑の季節に良く映えるお洋服をご紹介します。
まずは、流行りのボタニカル柄のワンピースです。
本店ブログ(改
美しいグラデーションと爽やかなバジル柄が初夏から夏に向けてぴったりのワンピース。
衿には中ヒモが入っており、少しギャザーを寄せるなどのアレンジが楽しめます。
本店ブログ5(改
ワンピース 41,800円(税込)

次は、ガウチョ風パンツをご紹介します。
緑のストライプが元気な印象のガウチョ風パンツ。
程よいカジュアルさがあり、スニーカーとも良く合います。
本店ブログ2(改
ガウチョ風パンツ 16,500円(税込)

インスタグラムでもおすすめの商品を随時ご紹介しています。ぜひ覗いてみて下さいね。

kurume_kasuri_giemon

一日も早くコロナが終息しますように。皆様どうぞご自愛下さいませ。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Pin on Pinterest0Share on Google+0

最近の投稿

カテゴリー

  • かすりの物
  • かすりの人
  • かすりの店
  • くるめの事
  • オカモトの事
TOP